短歌

『帰去来の声』

『帰去来の声』

著者:島田修三
《シリーズ 現代三十六歌仙 13》


著者第7歌集。


中国東晋の大詩人は懐かしい故郷の自然に帰る歓びを歌った。帰るべき故郷を失った俗世の歌人は、日常の時間に濡れそぼちながら、そこに去来する哀楽の味わいを嚙みしめるように歌う。作者、彫心の第七歌集。(本書「帯文」より)

販売価格(税込): 3,240 円
個  数

買い物カートに入れる

この商品に対するお客様の声

砂子屋書房
住所 : 〒101-0047 東京都千代田区内神田3-4-7
TEL : 03-3256-4708 / FAX : 03-3256-4707 / MAIL : info@sunagoya.com
copyright(C) grocery allrights reserved.