評論

36件の商品がございます。

価格順 新着順

1 | 2 | 3 次へ>>

『ことば遊びの楽しさ』

『ことば遊びの楽しさ』
著者:安江 茂
本書では、私の故郷の山村に行われていた実例を中心に雑俳の概略を説明したが、これは先に刊行した『伊良湖の歌ひじり・糟谷磯丸』のなかで、多くの読者から寄せられた疑問に対する答を意識しながら書いたものである。(本書「あとがき」より)
価格(税込): 1,944 円
詳細

『伴奏者 わたしの「短歌時評と短歌小論」集』

『伴奏者 わたしの「短歌時評と短歌小論」集』
著者:遠野瑞香
現代歌を問う歌論集。


真の批評とは、混迷する時代を照らす灯火の役割を持つ。「今日の短歌」を考えることは「今日の日本」を考えることであり、「明日の短歌」および「明日の日本」を思い巡らすことでもある。『伴奏』は、軽やかに華やかにというわけにはいかない。(本書「帯文」より)
価格(税込): 2,700 円
詳細

『今から読む 斎藤茂吉』

『今から読む 斎藤茂吉』
著者:岡井隆
 この本は、斎藤茂吉の歌集『寒雲』を中心として、茂吉の日中戦争(当時の支那事変)に対処した歌や文章を検討したものである。(本書「あとがき」より)
価格(税込): 2,916 円
詳細

『閑人囈語』

『閑人囈語』
著者:石田比呂志
2007年刊行『長酣居雑録』以後、おりおりに書いたエッセイ、歌集評、インタビュー記録、また熊本日日新聞に2010年1月から7月まで連載した「閑人藝語」全二十五回、「牙」誌上に2007年10月号から2011年3月号まで連載した「続・机辺雑感」を収録。
価格(税込): 3,240 円
詳細

『増補改訂 塚本邦雄論 逆信仰の歌』

『増補改訂 塚本邦雄論 逆信仰の歌』
著者:笠原芳光
イエスとはなにか。
塚本邦雄氏はそのイエスに多大の関心をおぼえるとともに、さまざまに想像して、短歌をつくられた。イエスはわれわれに自由な想像を促すべく「新しい人間」として生きることによって三十数年間の生涯をすごしたのである。 (著者)
価格(税込): 2,700 円
詳細

『椿の岸から』

『椿の岸から』
著者:山中智恵子
 本書は、山中智恵子の自筆生原稿(1984・10 立風書房原稿用紙)を底本としている。
原稿用紙には、山中智恵子自身により1から1046までのノンブルが洋数字で振られ、字体も万年筆の色(ブルー・ブラック)もすべて同時期のもの。一気呵成に、既に発表された単行本未収録の論稿をみずからの手で淨書したものと思われる。執筆は、一九八五年頃ではないかと推測する。(本書」後記」より)
価格(税込): 3,240 円
詳細

『坪野哲久歌集「碧巖」を読む』

『坪野哲久歌集「碧巖」を読む』
著者:片山令子 編
5年間にわたる勉強会の集大成。


常々のおしえは「本音」をはけ「一歌自浄」でした。本音とは本当の自分の考え、のぞみまぎれもない自分の真実の気持でしょうか。「一歌自浄」とは、短歌(うた)を一つつくれば、それは自分の内部が浄化すること、それをつみ
上げてゆくことです。 ( 本書「はじめに」より)
価格(税込): 3,780 円
詳細

『詩歌の琉球』(弧琉球叢書7)

『詩歌の琉球』(弧琉球叢書7)
著者:渡 英子
もうひとつの近代――琉球弧より,架橋することばへ――山城正忠論,南島からの視線――「琉球の短歌」考,『紙銭を焼く』考――鉄幹と正忠 他収録。
価格(税込): 3,240 円
詳細

『70年代の金時鐘論』

『70年代の金時鐘論』
著者:松原新一 倉橋健一
日本語を生きる金時鐘とわれらの日々。

価格(税込): 3,024 円
詳細

『文学という内服薬』

『文学という内服薬』
著者:脇地 炯
ドストエフスキーと埴谷雄高の文学と思想を精神の基調にすえ、同時代の文学者との交感を語る。安部公房、島尾敏雄、石和鷹、そして和歌山県新宮航行の後輩だった中上健次など。
価格(税込): 3,024 円
詳細

『解釈と批評はどこで出会うか』

『解釈と批評はどこで出会うか』
著者:山下久樹
「解釈、という行為が作品に向かって進むものであるなら、批評は対象作品から出発するだろう。批評には、その対象から感動にしろ嫌悪にしろ、触発された体験が必ず潜んでいる」(著者あとがきより)
価格(税込): 3,024 円
詳細

『岩波茂雄』

『岩波茂雄』
著者:村上一郎
(一)予断 (二)信州人 (三)岩波は何を避けたか (四)岩波の“戦争と平和” (五)岩波と部下たち (六)岩波の光栄と悲惨 (七)おわりに
価格(税込): 1,296 円
詳細

『三島由紀夫論』

『三島由紀夫論』
著者:光栄堯夫
「本書は評伝の形式に拠りながら作家の内部を透視し、三島文学を客観的に検証する食指に、いささかのくるいもみせていない。しかも言葉は清純で蘭陵の美酒の香を秘めている」村松定孝
価格(税込): 2,097 円
詳細

『言問う薬玉』

『言問う薬玉』
著者:藤井貞和
-
価格(税込): 1,728 円
詳細

『土屋文明私観』

『土屋文明私観』
著者:原 一雄
-
価格(税込): 2,097 円
詳細

36件の商品がございます。 1 | 2 | 3 次へ>>

砂子屋書房
住所 : 〒101-0047 東京都千代田区内神田3-4-7
TEL : 03-3256-4708 / FAX : 03-3256-4707 / MAIL : info@sunagoya.com
copyright(C) grocery allrights reserved.