Archive for the '今日の一首鑑賞' category

はしがきもあとがきも無き一冊を統[す]べて表紙の文字の銀箔

不自由な位置に貼りつきコンセント叱られつづける二十数年

石の肌は(かつて内部であつたこと)舗道に冬のひかりをかへす

泉町大工町過ぎ坂道を下りぬ向かい風を浴びつつ

脱ぎてある君のYシャツ腕まくりしたままなれば解きてやりぬ

待ちあはせしたる子が裸子植物に見えてくるなりグリーンの服

婚解きしこと語り終え白ワインボトル二本を友と空けたり

誰も弾かぬピアノとチェンバロある家で除湿機の水をせつせと捨てる

そして冬、虚[そら]もそぞろにしぐれ降りなにもなき日を鎮もる家群

わが庭の薔薇垣に朝のひかり差すまさしく日食まへの太陽

青ふかく引かるるままに落ちてゆく からだしづかに浮かびはじめぬ

あじさいがまえにのめって集団で土下座をしとるようにも見える

圏内に囚われ住まう禽獣の自死の思惟なき眼[まなこ]あかるし

妻も子もテレビに明日の天気見る観天望気といふを知らぬか

消し去るための過去などあるな君の部屋のグランドピアノ黒鍵ばかり

これが老残自然のさまか今の今己が事のみ関心にして

大おつとせいの鳴声みちたり益良雄のこらへかねたる酔泣のごと

もやは神はひとを裁かぬ 自動式洗浄トイレに水は渦巻く

ひとりぶん伏せて置かれたお茶碗がちいさいものを匿う夜だ

ほんたうは一度もできたことがない至極まともな雪だるま、他

無音なる世界にをればわが耳は常人のごと健やかなりぬ

不発弾と同い年なり爆弾のとびかふ時にわれら生まれて

きらきらと衰え朽ちてゆくものを見よと指さす、指も滅べよ

身にあわぬ新かなのシャツとりあえず着古しゆかん選びしからは

銭湯が飯屋に化けるその町に黄花コスモス盛りなりけり

滞空をきそえる雪をかきわけつ本局へ向かう速達出しに

さまざまなわれを束ねてわれはあるわれのひとりが草笛を吹く

午睡より醒めれば窓はあかるくてときをり空は鳥を零せり

深呼吸は猫抱きしめて 猫の体[たい]遠くなつたり近くなつたり

磨かれて柱時計は帰り来ぬ。なお聴き継がむ、家の鼓動を

月別アーカイブ


著者別アーカイブ