2012年12月のアーカイブ

木漏れ日がまだらに照らす人の顔凹凸はもうさびしさに見ゆ

断念の思いきっぱりとさびしきに痩せたる川に冬の底見ゆ

牡丹雪樹林(じゆりん)にふかくふりこめばかくも豊かにてものみなゆらぐ

スパンコール、さわると実は★だった廻って●にみえてたんだね

胃からりんご。/りんごの形のままでそう。/肩はずれそう/この目。とれそう

雪の上を驟雨過ぎしが数千の地下より天に向けし銃口

雪は雪待たず溶けゆき〈私の輪郭〉などは見なくてよいぞ

胸うちに棲みつく獣起きるなと願ひつつ今日の会に出でゆく

誰れの志(こころ)を裁ちてひかりて落ちたるとあした畳に咲く冬の針

目覚むれば胸底までもひびき入る蛇口のしずくは乱れもなしに

夥(おびただ)しき手は遠のきて夕暮れにジャングルジムは光をのせる

声挙げた者は省かれ しずけさの粒子となって雪はふりつむ

わが童話聞くべく集まり来し児らに氷菓買うべく銭をかぞうる

壁の線横に流れるものだけが速度のなかで消されずにある

月別アーカイブ


著者別アーカイブ