2015年10月のアーカイブ

地湧の菩薩として僧俗和合で〔魔の所為〕を砕滅する

今宵ひそと月と野良猫が登場すわが人生の野外舞台に

秋のおもひ堪へえぬ時は朽縁に出でて狭庭の石にもの言ふ

秋桜、秋明菊に女郎花 わが赤毛のアン恍惚と立つ

火ぶくれのごとき紅葉をあらしめて秀つ枝を去りしひとむらの霧

この地上にいまだ光の届かざる星の在り処を想ふ秋の夜

海岸山観音寺の朝ぼらけ空々くろろんと啼くは誰が子ぞ

圏外のひとはドラマと呼ぶわれの歴史は選挙権なき歴史

わが戦友らいのち死ゆきし草丘のいくつを越ゆる時雨降りつつ

糸とんぼ返し縫ひして沼しづかこの遊星にふはりと立てば

「ゴメンネ」と羞しく言いて寝につきし夫の夜毎の言葉忘れず

はろばろと天心をゆく月見れば月と教へしは父よと思ふ

いぢめられいぢめられてもついてくる榎本君がおそろしくなる

ブラウスの水玉模様歪むなり老父を残して帰路を急げば

花崗岩の花ひらく巓をとりかこみ五峰・天女・勢至・無涯峰とうちよせる天上の奏楽

とりあへず「括弧」でくくりかなしみの方程式は解かずに置かう

わたくしが<私>を検索するといふ遊びの果てに襲ひ来るもの

本棚をずらせばそこに秋風のベーカー街へ續く抜け道

風吹かぬ山かげに来ればあたたかし月照りみちて虫の音多し

園児らの障害物競争を見つつゐてかかる時涙とどまりあへず 

過ぎてゆく一日一日をまた秋の光となりて茶の花咲けり

生きて在らば二百歳になるショパン心臓のみが祖国に眠る 

白波のはたてかすめる志賀島再び人を恋いて来ぬれば

ヨカナーンの首もなければ古伊萬里の皿はしづかに秋風を盛る 

後の世を生くるあはれさ子供らの歓声秋の空に澄みたり

海よりもすこし薄めの塩水に身は満たされて一滴の海

昂りを鎮めんとして噴き上ぐる思いのあれば生きているなり

月別アーカイブ


著者別アーカイブ