今井恵子


流されて家なき人も弔ひに来りて旧の住所を書けり

柏崎驍二『北窓集』(2015年・短歌研究社)

 

柏崎驍二は、東北に住んで作歌し続けた。残念ながら『北窓集』が最後の歌集となった。東日本大震災に近接した作品を多く収録する。

 

「あとがき」に「北の力よ、もう少し耐えよ。その力を南に誇る日がきっとやってくる」とある。「北の力」は、震災や原発事故に特化したものではなく、日本の歴史の中で「南から来て北を追い込んでいるもの」を問う言葉だ。長い時間を視野に入れ重層的。

 

何かを伝達するのでもなく、主張するのでもなく、祈りのような強さと静かさをたたえた歌が並ぶ。作者のふところ深く受け止められた現実が、事の重さや厳しさを感じさせる。

 

掲出の一首も、静かに事象を述べただけだ。しかし、東日本大震災の津波で家を流された人の寡黙は、その土地に生きるとはどういうことか、という大きな問題の重さを感じさせるに十分だ。沈黙の重さと同時に、沈黙を受け止める作者の胸の内が思われる。

 

家を忘れたる老人を送りきて庭べの梅のひと枝もらふ

屋根のうへに掴まり流れゆく父が笑へるやうな顔向けしとぞ

巣の駆除の男二人に集団的自衛権もて蜂湧きあがる