短歌

『生きてはみたが』

『生きてはみたが』

著者:千々和久幸
充溢の第6歌集。

死を詩で所有したいという願望が、歌うことを強いる。この見果てぬ戦いをいかに苦くそして軽妙に、詩の宇宙に結晶させるか。韜晦と恥じらいの歌人は、自らを挑発することで向こう岸を目指す。さりながらその表情は、あっけらかんとした諧謔に包まれている。(本書「帯文」より)

販売価格(税込): 3,300 円
個  数

買い物カートに入れる

この商品に対するお客様の声

砂子屋書房
住所 : 〒101-0047 東京都千代田区内神田3-4-7
TEL : 03-3256-4708 / FAX : 03-3256-4707 / MAIL : [email protected]
copyright(C) grocery allrights reserved.