短歌

744件の商品がございます。

価格順 新着順

1 | 2 | 3 | 4 次へ>>

『雁の使い』

『雁の使い』
著者:香山雅代
著者第10詩集。


白雨が 過ぎる
瞬時
ひたむきな 夢を みつめる

   (中略)

杓子の数だけ 地上で
 金環日食を 確かめ
ときに 太陽の靨を愛でる
蹠に つたわる
 それぞれの重みで
水温を 分けて
大気を 分けて
旅立つ大地の 直下に 在る

      (本書「雲間」より)
価格(税込): 2,700 円
詳細

『鬼剣舞の里』

『鬼剣舞の里』
著者:熊谷郁子
著者第二歌集。


「まひる野」同人の第二歌集。書名『鬼剣舞の里』は、北上市の郷土芸能の「鬼剣舞」に由来する。己が家郷を愛慕する歌集で、変わらざる風土を慈しみ、変わりゆく習俗を愛惜してやまない。滋味な魅力をもつ、人生の深処を突く家族詠にも注目したい。(篠 弘)
価格(税込): 3,240 円
詳細

『白いさざんか』

『白いさざんか』
著者:滝田倫子
著者第一歌集。


これほど清潔で透明な感受性の持ち主は、いまどき珍しい。豊かなもの、美しいもの、ひいては若やいだ健やかなものへの憧れが、著者の人間性と詩的想像力を支えてきている。(篠弘・本書「跋」より)
価格(税込): 3,240 円
詳細

『風の記憶』

『風の記憶』
著者:吉越陽子
著者第二歌集。


『風の記憶』は、磐石な写実の上に立って詠まれているが、時に写実を超えてうたの翼をひろげる。日常詠であったり、社会や政治などにこころが向いた作品はさまざまな表情を見せながら、うたに次第に厚みを加え、いつか奥行の深い独自の豊潤な叙情世界を構築している。(運河の会代表・山谷英雄)
価格(税込): 3,240 円
詳細

『秋の燕』

『秋の燕』
著者:加藤満智子
著者第二歌集。

人生百年時代を象徴する卒寿を迎えた加藤満智子さんのこの『秋の燕』は、ゆったりとした歌のリズムを内に取り込んだ、ノスタルジックな歌集だが、中に希有な出会いを詠んだ目を引く作品があって、著者のバックグラウ
ンドを髣髴させてくれる。(中地俊夫)
価格(税込): 3,240 円
詳細

『カランドリエ』

『カランドリエ』
著者:佐藤せつ
著者第一歌集。


フランス語のカランドリエは英語ではカレンダー。日々の暮らしも短歌が添うと一歩色彩が加わり、味わいも深くなる。佐藤さんの歌集を読みながらそうした短歌の魅力を楽しんでいただきたい。(三枝昻之・本書「跋文」より)
価格(税込): 3,024 円
詳細

『牡丹の伯母』

『牡丹の伯母』
著者:米川千嘉子
《シリーズ現代三十六歌仙 32》

著者第9歌集。

現代短歌の牽引者米川千嘉子が、女流歌人特有の鋭い感受性をもって、社会や世界の変化と向きあう。その擦過の問いは独自の匂いと感情の間をつれて、肌理こまやかな詩の豊饒をもたらせる。(本書「帯文」より)
価格(税込): 3,240 円
詳細

『感傷生活』

『感傷生活』
著者:佐伯裕子
《シリーズ現代三十六歌仙 33》

著者第8歌集。

丈高き夢とあこがれを抱きつづける歌人・佐伯裕子の充溢の第八歌集。
生来のしなやかな魂魄と乱反射する感受性を持ち、ぎこちないほど真摯な生活を生きる著者。読者はそこに不可思議なイロニーと詩の所在を明かされ、強く心打たれるにちがいない。(本書「帯文」より)
価格(税込): 3,240 円
詳細

『前田康子歌集』

『前田康子歌集』
著者:前田康子
現代短歌文庫139


『色水』(全篇)、『ねむそうな木』、『キンノエノコロ』各抄出
歌論・エッセイ5編
解説:河野裕子・松村由利子・花山周子・なみの亜子
価格(税込): 1,728 円
詳細

『Forever』

『Forever』
著者:石川恭子
著者第22歌集。


老熟のまなこで自然の摂理を透視し、地上より天界をあおぎ見、そのたびごとに新鮮な驚きを発し、身体のふるえを覚える。純粋精神の持ち主はつねに詩の根源、その魂のありかを求め続ける。歌人・石川恭子の『黄葉の森』につぐ、七四五首を収録した膂力の最新歌集。
価格(税込): 3,240 円
詳細

『午後四時の蝉』

『午後四時の蝉』
著者:竹内文子
東奔西走の毎日にありながら、わずかな創作時間をつくり、自らにひきつけた題材を真摯に拾い上げ、ユーモアや諧謔を織り交ぜながら、敢然ときわめて今日的な生の命題を問いつめる歌人・竹内文子の、エネルギーと不思議なあたたかさを持った、魅力の第四歌集。
価格(税込): 3,780 円
詳細

『平城讃歌』

『平城讃歌』
著者:船田敦弘
遺歌集。


本歌集の構成を見るといかにも船田さんらしい部立てになっている。これは香川先生直伝のものによるのだろう。寺ならば寺、城ならば城と徹底されている。篤実に粘り強く対象に迫ってゆく姿勢が一貫されている。(田土成彦・本書「跋」より)
価格(税込): 3,240 円
詳細

『叶い橋まで』

『叶い橋まで』
著者:吉田昌代
著者第二歌集。


故郷国東に寄せる思いの深さ
農作業の風景と、静閑な山里でとりおこなわれる祭事。
それら四囲の自然と日常を感性豊かな眼の力で丁寧に写しとる著者の、『畦道』に続く純朴の第二歌集。
価格(税込): 3,024 円
詳細

『薄明の窓』

『薄明の窓』
著者:内藤 明
《シリーズ現代三十六歌仙 31》


二〇〇八年から二〇一五年頃までの五四四首を収録。その間に、師・武川忠一や、父母を相次いで見送った。八年間の心身と思考の投影であり、呟きの集積である充実の第六歌集。
価格(税込): 3,240 円
詳細

『梶原さい子』歌集

『梶原さい子』歌集
著者:梶原さい子
現代短歌文庫138


『リアス/椿』(全篇)、『ざらめ』、『あふむけ』、各抄出。
歌論・エッセイ9編収録。
解説:清水哲男・花山多佳子・川野里子・久我田鶴子・小池光・清水亞彦・染野太朗。
価格(税込): 1,944 円
詳細

744件の商品がございます。 1 | 2 | 3 | 4 次へ>>

砂子屋書房
住所 : 〒101-0047 東京都千代田区内神田3-4-7
TEL : 03-3256-4708 / FAX : 03-3256-4707 / MAIL : info@sunagoya.com
copyright(C) grocery allrights reserved.