186件の商品がございます。

価格順 新着順

1 | 2 | 3 | 4 次へ>>

『結晶体』

『結晶体』
著者:吉田義昭
著者最新詩集。


青空の下、妻の墓の前に座っていると、
残りの人生が鮮やかに見えてきました。
私の人生は、詩では語れませんでした。
詩を書いて人生を見つけていたのです。
月も星も空もすべて違う輝き方でした。
価格(税込): 2,700 円
詳細

『みずとそら』

『みずとそら』
著者:牧野孝子
『夢だんだら』に続く著者第二詩集。
価格(税込): 2,700 円
詳細

『いくつもの月』

『いくつもの月』
著者:水こし町子
著者第7詩集。
価格(税込): 2,700 円
詳細

『高原情歌』

『高原情歌』
著者:小勝雅夫
著者第6詩集。


―願わくは この世の小さきもの 幼きもの かよわきもの
言葉なくもの言えぬもの 寄る辺なくさまよえるもの
罪なき無辜の生きものたちが
皆 幸せに生きることの出来ますように
(本書・「帯文」より)
価格(税込): 2,700 円
詳細

『海の落し子たち』

『海の落し子たち』
著者:佐藤洋子
17編収録。

栞文:与那覇幹夫
価格(税込): 2,700 円
詳細

『沈黙は空から』

『沈黙は空から』
著者:若山紀子
著者第10詩集。
価格(税込): 2,700 円
詳細

『ある日一樹は』

『ある日一樹は』
著者:荒木忠男
著者第7詩集。
価格(税込): 2,700 円
詳細

『静まらない 内なるざわめき』

『静まらない 内なるざわめき』
著者:前田巌
『八月の陽の如く』、『青葉に光が満ちていた』に次ぐ、第三詩集。
価格(税込): 1,620 円
詳細

『虹の足』

『虹の足』
著者:小高 恒
著者第二詩集。
価格(税込): 2,160 円
詳細

『虹の地殻』

『虹の地殻』
著者:橋浦洋志
明るさが 視力を奪う この場所で

闇の視力だけが 

人間の立像を捉えることができる

柱のような 笑いの 屹立を

(本書「帯文」より)
価格(税込): 2,700 円
詳細

『染礼』

『染礼』
著者:橋浦洋志
今日という日は つねに 気配につつまれて ある

それは 人や物の たたずまいであり

ひそやかな そして たしかな 存在の要件である

つかまえられない声のように 恋情をかきたてる

(本書・帯文より)
価格(税込): 2,700 円
詳細

『碓氷』

『碓氷』
著者:田村雅之
著者第12詩集。
価格(税込): 2,700 円
詳細

『馬ぁ出せぃ』

『馬ぁ出せぃ』
著者:岡 隆夫
小著は、『岡隆夫全詩集』(2012年刊)以降に書かれた拙篇からなり、詩集としては21冊目となる。世の方々はほとんどが詩型など存在しないかのごとく自由に書かれているが、繰り返しが好きな筆者にはどうしても何らかの詩型に魅かれることが多く、それが今回は筆者にとってヴィネラルという西洋十八、九世紀の定型詩であった。(本書「あとがき」より)
価格(税込): 2,700 円
詳細

『しゃぼん玉の時間』

『しゃぼん玉の時間』
著者:禿 慶子
近頃、永いこと生きてきたと実感するようになった。一方、古い記憶が最近のできごとのように甦ることもある。
人の持っている時間は、ときに応じて自在に伸び縮む生きものである。
詩は、私にとって別の、固有の時間を紡ぎ出してくれる。
(本書「あとがき」より)
価格(税込): 2,700 円
詳細

『卓上の皿』

『卓上の皿』
著者:綾部清隆
著者第7詩集。


ここに収めた詩は二〇一〇年以降、詩誌「ZERO」・「日本未来派」・「詩と思想」及び「北海道詩集」等に発表した作品である。尚、その中には手を加えたものもある。(本書「あとがき」より)
価格(税込): 2,160 円
詳細

186件の商品がございます。 1 | 2 | 3 | 4 次へ>>

砂子屋書房
住所 : 〒101-0047 東京都千代田区内神田3-4-7
TEL : 03-3256-4708 / FAX : 03-3256-4707 / MAIL : info@sunagoya.com
copyright(C) grocery allrights reserved.