Archive for the '一首鑑賞' category

加藤治郎/にぎやかに釜飯の鶏ゑゑゑゑゑゑゑゑゑひどい戦争だった

市原克敏/わがゆびの影をいぶかる蜘蛛といる蜘蛛に流れる時間の外で

小池光/耳の垢ほりて金魚に食はせ居りいつとはなしに五月となりぬ

皇后陛下御歌/今しばし生きなむと思ふ寂光に園(その)の薔薇(さうび)のみな美しく

石川啄木/うつとりと/本の挿絵(さしゑ)に眺(なが)め入り、/煙草(たばこ)の煙(けむり)吹きかけてみる。

本日の花山周子さんの「日々のクオリア」は夜までにはアップするそうです。

中村亜裕美/速報を読みおえしあと掌にすこし遅れてくる震えあり

石川啄木/高山(たかやま)のいただきに登り/なにがなしに帽子(ぼうし)をふりて/下(くだ)り来(き)しかな

黒瀬珂瀾/中澤系の通夜より帰る美南ちやんに布袍の裾を摑ませながら

小池光/はるかなる野辺の送りに野球帽子とりて礼(いや)せり少年われは

著者別アーカイブ


月別アーカイブ