短歌

『菜種梅雨』

『菜種梅雨』

著者:久我田鶴子
著者第8歌集。
「地中海」所属。

すべて〈あの日〉以後の産物である。どうしようもなく変わってしまったものがある一方、変わらずに残ったもののことを考える。小さな声で「文学」と言い、苦さの先を生きてゆく覚悟ならないことはない、くらいのことは言ってみたい。 ( 久我田鶴子・本書「帯文」より)

販売価格(税込): 3,240 円
個  数

買い物カートに入れる

この商品に対するお客様の声

砂子屋書房
住所 : 〒101-0047 東京都千代田区内神田3-4-7
TEL : 03-3256-4708 / FAX : 03-3256-4707 / MAIL : info@sunagoya.com
copyright(C) grocery allrights reserved.