短歌

『空白』

『空白』

著者:江戸 雪
《令和三十六歌仙 3》

ああ、雨か。かすかに聞こえる雨音。
昔住んでいた家の勝手口に植わっていたヤツデは
雨が降ると大きな葉を磨りガラスごしに揺らしていた。
雨なら雨、風なら風、鳥なら鳥を受けているだけ。
私にはそう見えた。      (本書「あとがき」より)



生きること、死ぬことは、その理不尽と向き合い、怒り、祈り続けることだと歌人はいう。
亡き父への挽歌を収めた渾身の第七歌集。

販売価格(税込): 2,750 円
個  数

買い物カートに入れる

この商品に対するお客様の声

砂子屋書房
住所 : 〒101-0047 東京都千代田区内神田3-4-7
TEL : 03-3256-4708 / FAX : 03-3256-4707 / MAIL : [email protected]
copyright(C) grocery allrights reserved.