短歌

『荒地野菊』

『荒地野菊』

著者:百々登美子
著者第11歌集。


  置き手紙なさぬつばめに手を振りて
  見返るときに戦はかなし

昭和四年生まれの歌人は、終戦のとき十六歳。まさに「ひめゆり」の世代である。戦争の歌は少ないが、この歌の結句「戦はかなし」はついに出るべきものが最後に出た感じがして、はっとした。(小池光・本書「栞文」より)

栞:小池光・志垣澄幸・久々湊盈子

販売価格(税込): 3,300 円
個  数

買い物カートに入れる

この商品に対するお客様の声

砂子屋書房
住所 : 〒101-0047 東京都千代田区内神田3-4-7
TEL : 03-3256-4708 / FAX : 03-3256-4707 / MAIL : [email protected]
copyright(C) grocery allrights reserved.