【全商品送料無料】

インターネットでの書籍の注文はコチラをクリックしてください!

砂子屋書房オンラインショッピング

自費出版をお考えの方

お気軽にどうぞ

自費出版について

砂子屋書房リンクバナー

砂子屋書房

下記を貼りつけるだけ!



好評連載中!
光森裕樹・今井恵子による、今日の一首
一首鑑賞*日々のクオリア

新連載!
内山晶太による、今月のコラム
月のコラム*うたのホログラム

砂子屋書房は歌集・詩集を中心に、良作を出版、販売している出版社です。


太宰治の第一小説集『晩年』や尾崎一雄の『暢気眼鏡』などを出版いたしました

砂子屋書房を受け継ぎ、創業約三十年をむかえ現在に到っております。


「本づくりの砂子屋」といわれて、七十年の伝統を生かした出版は、繊細な神経からなる造本と、大胆な編集デザイン、品格ある装丁で、高い評価をいただいております。

注目商品

『渾沌の鬱』

『渾沌の鬱』

3,240 (税込)

著者:馬場あき子
《シリーズ現代三十六歌仙 28》

著者第26歌集。

若い日に読んだ『荘子』の中に出てくる渾沌の逸話がいまも忘れず心に残っている。しかもだんだん身にしみるものがある。(中略)この紀元前四世紀の逸話には、そのまま現代の危機も潜んでいそうな凄さがある。(本書「あとがき」より)

『新選 小池光歌集』

『新選 小池光歌集』

2,160 (税込)

著者:小池 光
現代短歌文庫131

『静物』(全篇)、『山鳩集』(全篇)。
歌論・エッセイ十編収録。

『商品とゆめ』

『商品とゆめ』

3,240 (税込)

著者:山田冨士郎
《シリーズ現代三十六歌仙 30》

待望の第3歌集。

春は大瑠璃や黒つぐみの姿を追って山を歩き、秋には飛来する白鳥を迎える。三流のバードウオッチャーを自認する著者は、三十年前に東京を脱出し、飯豊山を望む町に住み着いた。悪戦苦闘の末に、和解した土地の精霊の声に耳を澄ます。目指すのは不壊の歌!

『うたの揚力―現代短歌鑑賞155首』

『うたの揚力―現代短歌鑑賞155首』

2,700 (税込)

著者:三井 修

2016年の1年間、砂子屋書房のホームページ上に「日々のクオリア」という一首評のページを担当させていただいた。この『うたの揚力』はそれを一冊に纏めたものであるが、一部書き直した部分もある。(本書「はじめに」より)

『私の前衛短歌』

『私の前衛短歌』

3,024 (税込)

著者:永田和宏

多くは前衛短歌について論じ、書いているが、それはとりもなおさず、
私個人の前衛短歌体験なのである。その時代感を感じとっていただければ幸いである。(本書「はじめに」より)

『景徳鎮』

『景徳鎮』

3,024 (税込)

著者:大辻隆弘
著者第8歌集。

景徳鎮は、中国の青磁器産地の名前である。名古屋のノリタケの森の小さな博物館でその磁器を見た。青ざめた白い肌地がさえざえと美しく心惹かれた。 (本書「後記」より)

『続々 花山多佳子歌集』

『続々 花山多佳子歌集』

1,944 (税込)

著者:花山多佳子
現代短歌文庫133


『春疾風』(全篇)、『木香薔薇』(全篇)。
歌人論:小池光・澤村斉美
略年譜付

砂子屋書房
住所 : 〒101-0047 東京都千代田区内神田3-4-7
TEL : 03-3256-4708 / FAX : 03-3256-4707 / MAIL : info@sunagoya.com
copyright(C) 砂子屋書房 allrights reserved.