いらっしゃいませ!


砂子屋書房の公式オンラインショップです!

こちらで、簡単に書籍をご注文いただけます。


2〜7日でご自宅にスピード配送!

新刊のご案内や、書籍の検索もありますので是非、ご利用ください。

お知らせ

新着情報はRSSで配信しています。

2008年12月21日
ホームページをリニューアルしました!

注目商品

『牡丹の伯母』

『牡丹の伯母』

3,240 (税込)

著者:米川千嘉子
《シリーズ現代三十六歌仙 32》

著者第9歌集。

現代短歌の牽引者米川千嘉子が、女流歌人特有の鋭い感受性をもって、社会や世界の変化と向きあう。その擦過の問いは独自の匂いと感情の間をつれて、肌理こまやかな詩の豊饒をもたらせる。(本書「帯文」より)

『感傷生活』

『感傷生活』

3,240 (税込)

著者:佐伯裕子
《シリーズ現代三十六歌仙 33》

著者第8歌集。

丈高き夢とあこがれを抱きつづける歌人・佐伯裕子の充溢の第八歌集。
生来のしなやかな魂魄と乱反射する感受性を持ち、ぎこちないほど真摯な生活を生きる著者。読者はそこに不可思議なイロニーと詩の所在を明かさ れ、強く心打たれるにちがいない。(本書「帯文」より)

『吉川宏志歌集』

『吉川宏志歌集』

2,160 (税込)

著者:吉川宏志
現代短歌文庫135

『夜光』『海雨』を全篇収録。
『青蟬』自選一〇〇首と歌集未収録初期歌篇も収録。
歌論・エッセイ三編収録。
解説:小池光・永田和宏・澤村斉美・鳥居(書き下ろし)・大辻隆弘(書き下ろし)

『渾沌の鬱』

『渾沌の鬱』

3,240 (税込)

著者:馬場あき子
《シリーズ現代三十六歌仙 28》

著者第26歌集。

若い日に読んだ『荘子』の中に出てくる渾沌の逸話がいまも忘れず心に残っている。しかもだんだん身にしみるものがある。(中略)この紀元前四世紀の逸話には、そのまま現代の危機も潜んでいそうな凄さがある。(本書「あとがき」より)

『私の前衛短歌』

『私の前衛短歌』

3,024 (税込)

著者:永田和宏

多くは前衛短歌について論じ、書いているが、それはとりもなおさず、
私個人の前衛短歌体験なのである。その時代感を感じとっていただければ幸いである。(本書「はじめに」より)

『新選 小池光歌集』

『新選 小池光歌集』

2,160 (税込)

著者:小池 光
現代短歌文庫131

『静物』(全篇)、『山鳩集』(全篇)。
歌論・エッセイ十編収録。

『景徳鎮』

『景徳鎮』

3,024 (税込)

著者:大辻隆弘
著者第8歌集。

斎藤茂吉短歌文学賞受賞!

景徳鎮は、中国の青磁器産地の名前である。名古屋のノリタケの森の小さな博物館でその磁器を見た。青ざめた白い肌地がさえざえと美しく心惹かれた。 (本書「後記」より)

『商品とゆめ』

『商品とゆめ』

3,240 (税込)

著者:山田冨士郎
《シリーズ現代三十六歌仙 30》

待望の第3歌集。

春は大瑠璃や黒つぐみの姿を追って山を歩き、秋には飛来する白鳥を迎える。三流のバードウオッチャーを自認する著者は、三十年前に東京を脱出し、飯豊山を望む町に住み着いた。悪戦苦闘の末に、和解した土地の精霊の声に耳を澄ます。目指すのは不壊の歌!

砂子屋書房
住所 : 〒101-0047 東京都千代田区内神田3-4-7
TEL : 03-3256-4708 / FAX : 03-3256-4707 / MAIL : info@sunagoya.com
copyright(C) grocery allrights reserved.