月のコラム アーカイブ一覧

〈語り〉をひきだす

信仰を〈読む〉

「冗語」の働き―玉城徹の所論からの連想

演技と批評―短歌の言葉の位相

手仕事としての詩歌制作―活版印刷をめぐって

卵・死・眼―塚本邦雄「突風に」考

「たらちね」の言語生活―豊潤なる混沌

斎藤茂吉の万葉享受-『柿本人麿』を読む

固有名詞と引用

音楽史から見た短歌史

問いとしての写生―百穂と子規

意味・形象・音声―新国誠一からの連想

表現の隣人-俳句と短歌

短歌のなかの漢字

歌集を「味わう」ということ

7 / 7« 先頭...34567

全ての記事

年別アーカイブ

著者別アーカイブ