月のコラム アーカイブ一覧

既知の知  笹川諒歌集『水の聖歌隊』

認識の不変と更新 百々登美子歌集『荒地野菊』

空間の深度 中津昌子歌集『記憶の椅子』

時間表現の妙 永井祐歌集『広い世界と2や8や7』より

自分を見つめる自分 島田修三歌集『露台亭夜曲』『秋隣小曲集』より

空白の向こうに

「人間」の果て

歌集を読むということ

豊かさの底で/想像の足元で

白き花、落ちたり

ウはウィルスのウ?

続・ウィルスと現代短歌

ウィルスと現代短歌

短歌のアダプテーション

作中主体ってなんのことです

全ての記事

著者別アーカイブ

年別アーカイブ