月のコラム アーカイブ一覧

『高嶺』の終刊

ユマニテの人・木下杢太郎

中庸の美学  —本川克幸歌集『羅針盤』について—

現実の生き方  —山本夏子歌集『空を鳴らして』について—

自分の力でただ飛んでいる  —奥村晃作歌集『八十の夏』について—

「われ」と「塗り重ね」の世界  —大室ゆらぎ歌集『夏野』について—

「主体の見える歌」と「世界の見える歌」  —遠藤由季歌集『鳥語の文法』について—

現実と記憶をつなぐもの  —岩尾淳子歌集『岸』について—

くらくらする歌集  —國森晴野歌集『いちまいの羊歯』について—

大きな柩  —大辻隆弘歌集『景徳鎮』について—

「日々」というもの  —坂井修一歌集『青眼白眼』について—

修辞との距離感など  —大西淳子歌集『さみしい檸檬』について—

「知」はキン消しのように  —しんくわ歌集『しんくわ』について—

執着と怒りと足場  —染野太朗歌集『人魚』について—

引用・コラージュ・批評~斉藤斎藤歌集『人の道 死ぬと街』をめぐって~

全ての記事

年別アーカイブ

著者別アーカイブ