月のコラム アーカイブ一覧

暮しをうたう流儀~花山多佳子歌集『晴れ、風あり』をめぐって~

イメージの重層性について~吉川宏志歌集『鳥の見しもの』をめぐって~

身体感覚の可能性~森垣岳歌集『遺伝子の舟』をめぐって~

確かなものの方へ~檪原聡歌集『華厳集』をめぐって~

自己防御的な時代に~山田航歌集『水に沈む羊』をめぐって~

世界観を詠む、読む ~渡辺松男歌集『雨(ふ)る』をめぐって~

モチーフを深める~横山未来子歌集『午後の蝶』をめぐって~

短歌が文学である時~鳥居歌集『キリンの子』~

モチーフについて、世界について~駒田晶子歌集『光のひび』をめぐって~

脱け出すこと、あるいは分節化の試み~広坂早苗歌集「未明の窓」をめぐって~

人間らしさということ~小池光歌集『思川の岸辺』をめぐって~

夢のつづりかた  ~新装版『高瀬一誌全歌集』にふれて

父は山にて小川はむすめ   ~上村典子歌集『天花』を読んで

 夢の約束   ~岡部由紀子のうたによせて

のどかな午後にわれは働く  ~この危機意識を稀釈するもの~

全ての記事

年別アーカイブ

著者別アーカイブ