中津 昌子


にっぽんはうつくしい国あらかじめうしなわれたるうつくしい国

佐藤弓生『眼鏡屋は夕ぐれのため』(2006年)

日本は美しいとよく言われるが、それは本当だろうか。

時に、日本への憧れをつのらせている外国の人に出会ったりすると、期待をうらぎることになるまいかと、素直に喜べないところがある。

今は景観一つをとっても、日本の何を大切にしてゆくのか、その根本のところを押さえぬままにいろいろなことが進められるから、いよいよ変な感じになっている。

では、かつては美しかったのか。たぶんもっと調和はとれていたのだろうが……。

不思議なことに、確かに美しかったと思われるのは、ここにうたわれたように、あらかじめ失われた国としていわれる時である。現在や過去そしてまた未来へのさまざまな思いを誘いつつ、この歌はもともとなかったものとして日本の美をいう。

美というものは、そもそもそういうものかもしれないが、こういわれて日本ほど納得できる国も少ないような気がする。そして、その納得の根は、やはり現在の日本の状況にあるように思う。

前もってないのだと、リフレインをもってやさしくうたわれる時、不思議ななつかしさをもって、遠い、原郷のような場所への扉がひらく。