岩尾淳子のアーカイブ

かくろひし水路さがしていくこころ万葉集はとほき口笛

つかみつつ、探るのだ、その軟便を、或いは便座そのものをさへ

道の辺に清水流るる柳陰しばしとてこそ立ちどまりつれ

玉藻刈る敏馬を過ぎて夏草の野島の﨑に舟近づきぬ  

目の前のすべて可愛いものたちよパジャマの柄よいつかさよなら

手をあてれば幹の内より重なる手木の方がずっとながく寂しい

冬と春まじわりあって少しずつ暮らしのなかで捨ててゆく紙

しづかなる梨の畑を青あをと分けて流るる夏井の川は 

赤レンガの敷かれたる道その筋目たどれば果てのなきあみだくじ

鳥のように木の間を分ける黒揚羽 思い出はもう庭に来ている

あたたかき日に氷片のごとき日をはさみて冬のはじめ子は癒ゆ

檜の香部屋に吹きみち切出しの刃先に夏の雨ひかりたり

拾い読みして戻すその本の背文字が光りその本を購う

ダンカンのように思わぬ死のもしやわれにあるやも 夜の水飲む

北岸に暮らしていても晴れた日は眉山が見えて窓に呼ばれる

手をとめて入り日に頭を下げてゐし父よミレーの晩鐘知らず

わたしここで何やってんのと呟けばハイヴァン峠にたなびく霞

うすぐもる青葉の山の朝明にふるとしもなき雨そそぐなり

海色のききょう咲きたりぽぽぽんと夫の告別より戻り来たれば

蝶なりしころの記憶が湧き出でてスティック糊がころんとうごく

つたかづら生き生き家を巻き締めて閉ぢこめられし仏壇ひとつ

いかにせん雲の行くかた風のおと待ちなれし夜に似たる夕べを

存在を海にうかべるほかはなく船はまぶしく窓辺を揺らす

六月の朝のくもりを雀とぶそらより土に土より空へ

なほざりに山ほととぎす鳴きすてて我しもとまる杜の下かげ

何にしろ今のままではいられない遡上する鮭の群れに加わる

行き先の表示つければそこまでは行くバスに身を任せたり

なかなかに 鳥けだものは死なずして、餌ばみ乏しき山に 聲する

さびしさの単位はいまもヘクタール葱あおあおと風に吹かれて

雪を拂ひ 乗りてはおり行く人を見て、つくづくと居り。汽車のひと日を

月別アーカイブ


著者別アーカイブ