中津 昌子


ひとみ冴えてわれ銀河へと流れこむ両手(りやうて)をひろげてひとりは重し

小中英之『わがからんどりえ』(1979年)

 

 

透徹感のあるうたい始めから、解き放たれる心を感じさせる「両手をひろげて」へと、気持ちよく一首を辿っていると、いきなり重いかたまりのような結句に出会う。

星のように澄んだ目をもって銀河と合一する、手をひろびろと広げて、とうたう、そんな時に、その気持ちよさを潰してしまうような「ひとりは重し」と言わざるをえなくするものは何か。

人間たるもの、このような時にも、体も精神も重力から逃れられないのか。
一つの肉体を得てしまい、一つの自我を得てしまったことの重さ。いったん得てしまった「われ」は、どうにも逃れ難く重い。

 

初句と四句目が字余りになっているが、その働きがおのおの違うことに目がとまる。
初句の方は、六音になることによって、ことばがある勢いをもって運ばれることになる。対して、四句の方は、両手ひろげて、でいいところにわざわざ「を」を入れて、転換をみせる結句につながるべくある渋滞感を出している。

 

・秋風にみどり児たりしゆふまぐれみひらきし瞳は矢に射られたり

・射たれたる鳥など食みて身の闇にいかばかりなる脂のきらめくや