大松 達知


ああさうだこの声だつたと思ふためそのためだけに君と会話す

水上芙季『静かの海』(2010)

 

 その人の声を聞くためだけに会話をする。

 究極の相聞歌ではないか。

 内容はなんでもいい。仕事の話でも、台風の話でも、日米関係の話でもいい。上司の愚痴だっていいし、キンピラゴボウの話だっていいのだ。

 電話での会話のシーンだろうか。

 ただ、その人の声を聞いて、声に包まれたい、という気持ち。それはつまり、その人を全面的に受け入れる気持である。

 

 自分の中のどこかに欠けている部分があるような気がするとき、異性の包容力が欲しくなる。そのとき、異性のどこを思い出すのか。

 顔や髪はもちろん、手や腕や指や、肩や鎖骨や首すじなどもあるかもしれない。その中には「声」も入る。

 高野公彦『水行』に、

・わが肉に入りてひろがるやはらかき女性性器官の一つかな〈こゑ〉

がある。男性が女性の声を思うなら、女性が男性の声を思うこともあるだろう。

 

 「ああさうだ」と勢い切って歌いだし、「思うためそのためだけに」と急流を堰き止めてから、一気に流れを解放するようなリズムもいい。

 他にも、

・記憶よりずいぶん前に君のこと気になつてゐる日記のわれは

・ああ電話ボックスが欲し片恋の君にはじめて電話するには

・このビルの建設着工日を言へるその日は君の誕生日ゆゑ

・「もしもし」で言ひたいことがわかる君そしてわたしもわかる春の夜

など、既存の言葉に縛られない、新しい相聞歌が多くある。

 大きく期待できる新人である。