黒瀬 珂瀾


何ぞ背後に燃やす画面やほれぼれと聞き取り易き移民の英語

田中濯『地球光』

おそらく見ているのは、テレビの報道だろう。ネット配信のニュースかもしれない。移民がインタビューを受けて、何かを答えている。生活の困窮か、差別の事実か、ともかく移民という現実にまつわる問題を訴えているように思う。その移民の背後、画面の奥で燃える火がそのような印象を与えるのだろう。

なんとなく、ドラム缶かなにかで火が燃やされている光景を思い浮かべる。火が燃える街角は、奇麗で華やかな都市空間ではありえない。移民が集う都市周縁のスラム地区だろうか。何かが燃えている、ただその描写だけで、暗い貧困のイメージが立ち上がってくる。もしかしたら暴動の痕跡かもしれないが、さすがに深読みか。

そこで流れてくるのは、ほれぼれするほどはっきりとした移民の英語。日本人の耳に聴きやすい英語ということは、ネイティブの流れるような英語ではない。努力により英語を習得した移民が、一語一語はっきりと確かめるように発音する。リエゾンすることなく、それぞれ孤立した単語の明確な発音が、現地の文化に溶け込めない移民の姿を象徴する。

世界のどこの街でもいい。経済格差によって生まれる移民問題は、世界を覆い、新たな格差を生み、民族間の憎しみをあおる。それを作者は遠く見ている。ただ、「ほれぼれと」という一語が、移民へのかすかな思い入れを暗示している。

 カフェインに浸りし脳を引っ提げていつまで踏みとどまるや科学に

 岩手へ行くか京へ帰るか 研究を捨てるといえば美しすぎる

作者は一度、歌を止めた。だが、歌に戻ってきた。それを心から喜び、また、作者を呼び戻した歌の力を思う。上記のように、学究と人生の悩みに苦しんだ作者だと思えば、新たな読みも生まれるだろう。若き研究者たちもまた、大学組織における「移民」なのかもしれない。