江戸 雪


誰のこともさして恋はずに作りたる恋歌に似て真夏のうがい

石川美南『砂の降る教室』(2003年)

「誰のこともさして恋はずに」とはどんな情態?
まあまあ好きなひとが何人かいる。または好いてくれるひとが何人かいる。
あるいは、いつでも姿を思い描いてしまうような惹かれるひとがいない。
いろいろ想像するけれど、どれもしっくりこない。

なにより、誰も好きになれない、誰かをはっきり拒む、といった主張もなく、
「さして恋はず」だから、ちょっと好きな感じものこっているところが軽快でおもしろい。
つまり、恋をそんなに必要としていない、でも淋しいから身をよせあうひともいて、たまには恋歌なども作る、というアンニュイな情熱。
なぜかそこにちょっと憬れ、共感してしまう。

恋愛をするには、時間や体力やそのほかさまざまなアイテムが必要。
「誰のこともさして恋はずに」というクールな視点のいっぽうで、結句の「真夏のうがい」に感じられるがらんどうのさびしさはどうだろう。
恋なんてそんなにだいじじゃないし、誰かに焦がれることもないといいながら、
はてしなくさびしいうがいの音を響かせる。

その自虐的な立ちかたがいい。