花山周子のアーカイブ

山川藍/販売員であった過去がためらいもなく紙袋を底までひらく

山川藍/「天国に行くよ」と兄が猫に言う 無職は本当に黙ってて

上條素山/さやさやと生存圏を拡げつつ浮かぶや宙に愛のピカチュウ

上條素山/さやさやと生存圏を拡げつつ浮かぶや宙に愛のピカチュウ

加藤治郎/ねばねばのバンドエイドをはがしたらしわしわのゆび じょうゆうさあん

加藤治郎/にぎやかに釜飯の鶏ゑゑゑゑゑゑゑゑゑひどい戦争だった

小池光/耳の垢ほりて金魚に食はせ居りいつとはなしに五月となりぬ

石川啄木/うつとりと/本の挿絵(さしゑ)に眺(なが)め入り、/煙草(たばこ)の煙(けむり)吹きかけてみる。

石川啄木/高山(たかやま)のいただきに登り/なにがなしに帽子(ぼうし)をふりて/下(くだ)り来(き)しかな

小池光/はるかなる野辺の送りに野球帽子とりて礼(いや)せり少年われは

柏崎驍二/秋日照る林の岸のみむらさきうつくしければ帽脱ぎて見つ

夜までにはアップします。

木下利玄/指尖(ゆびさき)の傷の痛みにひゞけつゝ市街(まち)の電車のきしるわびしさ 2

木下利玄/指尖(ゆびさき)の傷の痛みにひゞけつゝ市街(まち)の電車のきしるわびしさ 1

木下利玄/遲くつきし湯元の宿のくらき灯にわれ等の食べし黑き羊羹

木下利玄/黑き虻白き八つ手の花に居て何かなせるを臥しつゝ見やる

木下利玄/磯町の床屋によりて髭剃れば鏡にうつり霰ふるなり

木下利玄/我が顔に靑き光を受けながら藪かげ草の肌身をのぞく

木下利玄/子供の頃皿に黄を溶き藍をまぜしかのみどり色にもゆる芽のあり

黒木三千代/このごろは鳩がたつとき大いなる紙幣の束をばらす音する

金野友治/冬の海荒れているらし嵩上げの防潮堤より海鳴り聞こゆ

熊本吉雄/川沿いの桜並木に居りまして、蕾の色づく楽しみでした。

熊本吉雄/先日はカレンダーをいただきありがとうございます 掛時計はありませんか

熊本吉雄/自制とは齢加えて思うなば何と無為なる時の越し方

熊本吉雄/なんだかね自分もガレキになっちまった ガレキはガレキを片付けられない

中山くに子/二階よりヘリに拾われ雪の夜の避難飛行すあれから三年

山内亮/避難所のラジオ体操第一は顔に両腕をこするよう廻す

庄司邦生/濁流に胸まで浸かり年金証書頭に載せてひたすら逃げる

金野友治/田も畑も見渡す限り沼となり遺体浮く見ゆ三月十二日

林静江/十一日で止まりし日付けと日直を丁寧に消し職を退く

月別アーカイブ


著者別アーカイブ