花山周子のアーカイブ

山内亮/避難所のラジオ体操第一は顔に両腕をこするよう廻す

庄司邦生/濁流に胸まで浸かり年金証書頭に載せてひたすら逃げる

金野友治/田も畑も見渡す限り沼となり遺体浮く見ゆ三月十二日

林静江/十一日で止まりし日付けと日直を丁寧に消し職を退く

真中朋久/子の旋毛のやうだと思ひもう一度細線にかへて台風を描く

真中朋久/山越えの風にふるへる大枝を寒の夜尿(ゆばり)しつつ思ふよ

式子内親王/時鳥そのかみやまの旅枕ほの語らひし空ぞ忘れぬ

大辻隆弘/箔かろく圧したるごとき雲はゆき風明かりする午後となりたり

白石瑞紀/さざんくわの咲きゐる枝の両腕を空にさしあげ雪だるまをり

遠藤由季/風立ちてわが額へと注がれる落ち葉の痛し洞ならざれば

五島諭/歩道橋の上で西日を受けながら 自分yeah 自分yeah 自分yeah 自分yeah

本多真弓/寝室にひもの一本垂れてあり昭和の紐をひいて眠らな

坂井修一/うちいでて鶺鴒あをし草深野一万人の博士散歩す

黒木三千代/〈草深野〉この露けくてあえかなることばを忍ぶる恋のあしたに

沢田英史
ふり返るわが草深野をちこちのしげは残念に似て

中皇命
たまきはる宇智の大野に馬並めて朝踏ますらむその草深野

睦月都/歩むこと知らずひた立つ橋脚が彼岸に渡すわれの自転車

睦月都
人界にたちこむる異臭嗅ぎわけつ台湾料理「瑞鳳」へ往く

椛沢知世
水着から砂がこぼれる昨年の砂がこぼれて手首をつたう

工藤吉生
腹をもむ いきなり宇宙空間に放り出されて死ぬ気がすんの

工藤吉生
公園の禁止事項の九つにすべて納得して歩き出す

工藤吉生
ボケというひどい名前の植物の背丈がオレとそう変わらない

村上和子
あたまより鴉飛び立つ反動をわれの頸部は長く記憶す

桜井京子
おおミモザ、きのふの雪に耐へかねて街のはづれに身をもちくづす

中野昭子
魂のぬけしししむら焼き代は千円紙幣の三枚にて足る

北沢郁子
円柱状茎のふしごとに花咲けるデンドロビュームに春は来にけり

北沢郁子
茱萸ぐみに似る木の名調べむと言ひしまま人は逝きたり未だ知りえず

橋本喜典
チチチチと鳴いてゐるのかこの小鳥握らばきつと温かならむ

橋本喜典
風の中に花ふるへをり同情にとどまるのみが常なるわれか

小池光
雪に傘、あはれむやみにあかるくて生きて負ふ苦をわれはうたがふ 

月別アーカイブ


著者別アーカイブ