中津 昌子


育ちては何の記憶もなからめど時にはわれも押すベビーカー

来嶋靖生『梟』(2009年)

大きくなったら、ただ生意気なばかり、世話になったことなど、何も覚えていまい。
と、えらそうに言っているが、実は「われ」がベビーカーを押したりするのは、「時には」。

この正直さがいい。
何も書いてなくても、これはまず、おじいちゃんの歌だろう。

だいたい、おばあちゃんなど、それこそ献身的に子の世話をする人が、上句のような嘆きをする資格がある。
そもそも大したこともしていないのに、大上段に嘆いて見せて(文語の格調の高さが効果的)、「時には」でいきなり失速するところに、おかしみが生まれる。

もの馴れない様子で、ベビーカーを押している姿が目に浮かぶ。

憮然としているようで、でもうれしげで、微妙なところがよく出ている、いい歌だ。