2019年06月のアーカイブ

謎彦/朕ひとりだめになっても朕たちの木型は朕のことおぼえてる

田口綾子/ストッキング、感染してると君は言ひわれのタイツは伝線したり

大村早苗/いつもいつもうつむき加減のアネモネの激しい色と弱さを嫌う

佐藤通雅/左目をアイスノンもて冷やすなり いま人類史のどのあたりだらう

田中ましろ/生きるとは硬貨を抱いていつまでも着かないバスを待つ人のごと

佐藤通雅/人の骨やもしれぬ白、砂にあり洋の聖者のごとくに屈む

伊藤香世子/頭良くなると信じて食卓の味の素振りし昭和の生まれ

佐藤通雅/氷山の一角のその一角が光放つ今朝の新聞欄に

橋場悦子/〈当職〉といふ主語による通知書に封をす切手の裏は舐めない

佐藤通雅/期日前投票初日間仕切りに首を入るるは馬のごとしも

本川克幸/陸岸のかたちを指でなぞるとき仄あたたかきレーダー画面

上田康彦/携帯と鍵を忘れて妻を待つ和金のような鰯雲見つつ

筑波杏明/われは一人の死の意味にながく苦しまむ六月十五日の警官として

藤原道長/この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることもなしと思へば

大辻隆弘/東京を敵地とぞ思ひ来しことのあはあはとして中野梅雨寒

前川佐重郎/夏草の一茎にありてしづみゐし蟷螂(かまきり)の眼の碧きこゑのす

寺尾登志子/わたくしといふ現象を突き抜けて見えたつもりのあなたが見えぬ

前川佐重郎/夏草をちぎりて撒(ま)けば空くらし静脈のごとき茎そそりたつ

萩原慎一郎/ひるやすみカレーうどんを食べながら愛のない暮らしなどはうんざり

前川佐重郎/鉛筆の描ける空の鋭きに一羽の鵙(もず)の研ぎて降下す

大滝貞一/つゆぞらに首掲げ咲く桔梗(きちかう)の藍(あゐ)は天安門の喪の花として

吉川宏志/琉球の玉虫ならむ掌(て)に置けり斜めに見ると浮き上がる赤

中川佐和子/故もなく撃たれしひとりを支えつつ撮れと言いたる声が伝わる

吉川宏志/旅なんて死んでからでも行けるなり鯖街道に赤い月出る

外塚喬/生(なま)蒸気がパイプを戻りくる音をとらへて午後のわが耳は鳴る

月別アーカイブ


著者別アーカイブ