中津 昌子


ちちのみの父の見のこしし夢ならむ咲きいそぎたる梅に雪降る

山埜井喜美枝『はらりさん』(2003年)

 

父が見残した夢、そこにどんなことが思われているのだろう。

 

父という人が、一生をかけて追ったそののちのもの、というよりむしろ、どこか途方もないところに行きたかった、というような、生の実体から離れたものを思いたい気がする。

 

「咲きいそぎたる」というフレーズが、せつない。

 

はやばやとひらいて、雪を受ける梅。夢は夢として残るほかなかったはかなさが、そこにあわあわと重なる。

 

たくさんの「の」につながれて、父のなくなった後もあとをひくような「夢」は、いま娘に思われて香るようだ。

 

梅は紅いような気がするが、輝くような白を思うのもわるくない。