中津 昌子


如月(きさらぎ)の雨は時どき温(ぬく)く降る八つ手の花たちぱちぱち弾む

河野裕子『葦舟』(2009年)

 

如月、二月、春はそこまでながら、とても寒い時期。
でも、たまにあたたかい日が混じる。雨もぬくい。

 

八つ手の花々は、そんな雨を敏感に受けてなんだか楽しそう。あの白っぽい花は地味で、こんな風にうたわれるのは珍しい。

 

どんな歌があるかと、ちょっとさがしてみる。

・窓の外(と)に白き八つ手の花咲きてこころ寂しき冬は来にけり     島木赤彦
・庭隅に八つ手の花も咲きけり落葉は深く積りたるかな     尾山篤二郎

やはり寂しい。

 

小花を球状につけた花が、雨にはじかれて上下するさまはかわいらしく、お前たちもやっぱり嬉しいんだね、と声をかけたくなるような感じなのだろう。ぱちぱち、というオノマトペが、その思いにまるで応えるかのような花の感じをよく伝える。

 

八つ手の花といっしょに弾みたくなるな。