中津 昌子


霧のごときあはき思ひが湧きやまぬ良いのだらうか思慕と呼んでも

矢部雅之『友達ニ出会フノハ良イ事』(2003年)

 

 

「まだまだ純情が残っているから、韓国ドラマが好き」

数年前、年配の女性がこう話すのを聞いた。

「今の日本の恋愛は進みすぎていて……。韓国のものを見ていると若いころを思い出す」

という。

時代のいろいろな勢いに驚くのはわたしも同じだけれど、でも変わらないものもある。

 

思慕、恋の入り口にさしかかろうかどうかという、なお淡い思い。そんな思いを表すことばでさえ、今の自分の気持ちにふさわしいかどうかを問う。

なんともつつましく、みずみずしいが、そこにはいったん名づけてしまえば、その枠に入ってしまう気持ちを惜しむ思いもあるのだろう。誰のものでもない、だけど自分にもうまくとらえられない、そしてたぶん、そう長くはつづかない思いが、手のひらで囲うかのように大切に、読む者の前にさしだされている。