中津 昌子


われよりもしずかに眠るその胸にテニスボールをころがしてみる

梅内美華子「横断歩道(ゼブラ・ゾーン)(1994年)

 

 

ふたりは並んで眠っていたのだろうか。
それとも、気がついたら相手は眠っていたという場面だろうか。

胸はやすらかに上下している。
その胸を見ていて、ふっと自分の胸の内が思われる。

わたしの胸にはいろんなことが渦巻く。

ざわざわとすぐに波立つ。

それなのに、この人の胸の中には、いま何にもない。

 

平原のようなその胸に、そばにあったテニスボールを転がしてみれば、それはたちまち胸の向こう側に落ちただろう。

ボールは黄色。若さにふさわしい、でもすでに使われてちょっと汚れているレモン色。

 

ひとりの人とひとりの人。たとえ恋人同士であろうと、別々の個体に隔てられた胸の内、思いというもの、その前にしずかにたたずむような時間。

 

動作、文体、小道具にまぎれもない若さを感じさせつつ、目は人間の普遍に注がれている。

 

・空すべるつばめが冷たく見えるとき君は話をふつりと閉じる