黒瀬 珂瀾


だきしめてやりたき肩が雑踏にまぎれむとして帆のごとく見ゆ

小野興二郎『てのひらの闇』

 

「抱きしめてやりたき肩」だから、実際には抱きしめることが出来ない。きっと、恋する女性の肩だろう。いつも抱きしめたいと思っていながらも、行動へと踏み切ることが出来ない、そんな青年の純情を感じさせる。「やりたき」という言い回しに、「彼女を護ってやりたい」という感情が見える。一人の男性として愛する女性を支えて生きていきたい。その思いは、ただ自分の心の中にだけ積ってゆく。

 

そうして今日も肩を抱きしめることなく、別れた。肩、そして後ろ姿を見送っている。駅頭か街中か、彼女の姿が雑踏に紛れ込む時、その肩がまるで船の帆に見えたという。色々な解釈があるだろう。人の海に一人で漕ぎだそうとする「貴女」が孤独に見える、と読むならば、はやく彼女に愛を告げなくてはという焦燥感が感じられる。「貴女」が高く帆を張ってひとりで人の海を渡ろうとしている、と読むならば、彼女に取り残される己と、届かない恋心を悲しむ姿が見える。「やりたき」という表現から、個人的には前者の読みを取りたいところだが、どちらにしても、愛する女性を「帆」に例える点に、青年のこの上ない鋭敏さが表れている。

 

  東京に学ぶわれのため伐られたるかの山が見ゆ畑打ちをれば

  王子ひとり旅立たせたる物語母が読むときすさまじきかな

  無視すべきあいつとゆれるコスモスと風によろしく言つてください

 

小野は昭和10年生まれ、その青年期はまさに戦後復興期に重なる。故郷から都会に出て、学び、恋し、働いた小野の歌たちは、図らずも戦後日本という繊細な青年の成長記そのものにも見える。