江戸 雪


愛を告げすぎて不安になるこころあまたなるゆすらうめの実のゆれ

渡辺松男『けやき少年』(2004年)

濃緑の葉のなかに、真っ赤なゆすらうめの実がゆれている。初夏の風が吹いている。

果実には、愛の実りのような濃密な生命力があり、その豊かさによく圧倒される。
ゆすらうめの実は小さいけれど、その真っ赤な色のせいもあるだろうが、存在感や生命の密度が濃いような気がする。
そんな実がいっせいに風を享けてゆれている下に立つと、眩暈をさそわれる。

なにか胸騒ぎがしたのだろうか。

「愛を告げすぎて不安になるこころ」のような胸騒ぎ。
愛は、告げれば告げるほどその儚さが強調される。言葉にしたら、愛が減っていくような気さえする。そんなとき、自分の言葉ほど情けなく感じるものない。つたないことば。
ありのままの愛を伝えようとして発する言葉は、どれもひらひらとしているようにおもえてしまう。

そんなときはゆすらうめの実のようにゆれながら、手を握ればいいのだろうか。