江戸 雪


おそ秋の陽が氾濫する街をきて憎むこと多き愛をおもえり

久々湊盈子『熱く神話を』(1982年)

「おそ秋」。晩秋。
街路樹の葉も黄金や赤錆にいろづく。紅葉して美しく輝く葉を照葉とよぶように、
秋に感じる寂しさや景色の美しさはそそがれる陽によって際立ってくる。
秋の陽ざしはとにかくまぶしい。夏に感じていた暑さという肌の感覚がなくなったぶん、視覚に意識が集中していく。

「おそ秋の陽が氾濫する街」とは、そんなまぶしい陽ざしが街を照らし、照葉やビルの窓ガラスに反射する光が息苦しいほど身に迫ってくる若々しい感受性をおもわせる。

胸にあたためている愛をおもい、瞑目しているのだろうか。
愛をつきつめれば、誰もがすぐそばに憎しみがあることに気づき、おもってもみない自らの感情に怖気づく。
愛すれば愛するほど憎しみもついてくる。そうすると否応なく自分の醜さが見えてしまう。
そんなふうに、ひとを愛するときほど自分に向き合わねばならないときはないのではないか。

自分の醜さから眼をそらさずに、ときには葛藤し、ときには流れに身をまかせて、愛するひとと自分のいるべき場所をみつけていく。
晩秋のまぶしい陽ざしのなかに身をおいて、さらけだされた愛におもいをよせる。
すべてを受け入れることができるだろうか。
あせらず、時間をかけていこう。