石川 美南


ダイヤモンドゲームの駒を青と決めいちばん遠い場所にゆく旅

やすたけまり『ミドリツキノワ』(2011)

ダイヤモンドゲームの駒は赤・青(または緑)・黄色の三色。ゲーム盤は6つの頂点を持つ星の形をしており、プレイヤーは、他のプレイヤーの駒を上手に飛び越しながら、星の頂点から反対側の頂点へと、自分の駒を進めていく。誰でも一度くらいは遊んだことがある、シンプルで楽しいボードゲームである。

ゲーム盤の端から端まではわずか数十センチ。しかし、「いちばん遠い場所にゆく旅」と言われてみると、まるで宇宙旅行のように果てしなく見えてくるから不思議だ。自分の「駒を青と決め」たプレイヤーは、ゲームが始まるやいなや駒たちに感情移入してしまい、星から星へ、命がけの旅を続けているのだろう。

急いで付け加えるが、この「旅」を「宇宙旅行」だと感じたのには、きちんとした根拠がある。『ミドリツキノワ』には、誰もが子どもの頃に体験したであろう出来事や、児童文学からの引用がさりげなく埋め込まれており、連作単位で読むと、一首一首の輪郭がさらに濃くなる仕掛けになっているのだ。

たとえば、「ダイヤモンドゲーム」の歌が収められた連作「天文館につづく坂道」の場合。

からすうりほどのあかりを孵卵器のなかにのこして夜道を帰る

あたらしい砂利のあいだで自転車のタイヤの幅の銀河は育つ

これらの歌は、一首一首独立して読んでも十分美しい。孵卵器の中で温められる卵の薄い殻は確かに「からすうりほどのあかり」を放っているかのようだし、砂利道につけられた轍を「銀河」と見立てているのも、ありそうでなかなかない表現だ。

しかし、扉ページに記されたエッセイと、

「博士、居てくれたのですね」全集の十二巻めに銀河の帯が

辺りを併せて読むと、連作全体に宮沢賢治の童話、特に『銀河鉄道の夜』からの引用が散りばめられていることが明らかになる。「博士」とは言うまでもなく、『銀河鉄道の夜』の初期形のみに登場するブルカニロ博士のこと。星祭の夜、カムパネルラたちが川に流しに行くのは烏瓜の明かりだった。

これを踏まえて、もう一度「ダイヤモンドゲーム」の歌を読み返してみてほしい。ゲーム盤の上を行く青い駒。カムパネルラと共に銀河鉄道で旅を続けるジョバンニ。そして、ボードゲームに熱中し、宮沢賢治を愛読する夢見がちな少女。その三者が、一首の中で重ね合わされ、一心に「いちばん遠い場所」を目指しているように感じられないだろうか。