花山 周子のアーカイブ

小池光/耳の垢ほりて金魚に食はせ居りいつとはなしに五月となりぬ

石川啄木/うつとりと/本の挿絵(さしゑ)に眺(なが)め入り、/煙草(たばこ)の煙(けむり)吹きかけてみる。

石川啄木/高山(たかやま)のいただきに登り/なにがなしに帽子(ぼうし)をふりて/下(くだ)り来(き)しかな

小池光/はるかなる野辺の送りに野球帽子とりて礼(いや)せり少年われは

柏崎驍二/秋日照る林の岸のみむらさきうつくしければ帽脱ぎて見つ

夜までにはアップします。

木下利玄/指尖(ゆびさき)の傷の痛みにひゞけつゝ市街(まち)の電車のきしるわびしさ 2

木下利玄/指尖(ゆびさき)の傷の痛みにひゞけつゝ市街(まち)の電車のきしるわびしさ 1

木下利玄/遲くつきし湯元の宿のくらき灯にわれ等の食べし黑き羊羹

木下利玄/黑き虻白き八つ手の花に居て何かなせるを臥しつゝ見やる

著者別アーカイブ


月別アーカイブ