都築 直子


ニュートリノ奔る気ままさもて晩夏全身を貫いて去れる喩

楠見朋彦『神庭の瀧』(2010年)

 

短歌は、読者に「あるある」と共感されることをいう場でもなく、深刻ぶって社会を憂う場でもない。短歌は遊びの場だ。ことばで遊ぶ。ことばと遊ぶ。もちろん遊びのつねとして、そこは真剣勝負の場だ。ということを、現在もっとも体現している作者の一人が、塚本邦雄門下の楠見朋彦である。

 

第一歌集『神庭の瀧』(かんばのたき)には、夢をテーマにした十首一組のアクロスティック作品が十一ほど、「夢氷」「灼夢」「夢の舟」といった小題の下に並ぶ。アクロスティックはいわば西洋版の折句だ。折句は、たとえば「かきつばた」の五音を〈らころもつつなれにしましあればるばるきぬるびをしぞおもふ〉(在原業平『古今集』)と読み込む技法。アクロスティックは、詩や文章の各行頭または行末の文字をつなぐと、あることばが現れるように作る技法だ。実物をお目にかけよう。「夢の波」と題された章は、発想の種というべき大弐三位の歌に続いて、十首の歌を置く。

 

はるかなる唐土までも行くものは秋の寝覚の心なりけり  大弐三位
*「唐土」に「もろこし」、「寝覚」に「ねざめ」のルビ

 

秋風にはるかなる もろこしはゆめの外

 

あ あはれとも言ふことなしに百日紅一樹が隔ちたる夢のほか か

き 究極を問ひしことあり禁色の湖面をすべりゆくあまたの帆  ほ

か 烏丸の地下ゆくときの共鳴よ愁ひにおほはれむうつしみの の

せ 絶唱と聞きまがふことまれにあり白鳥はおもき首をたわめ  め

に ニュートリノ奔る気ままさもて晩夏全身を貫いて去れる喩  ゆ

は ハバネラは墓石の間にさんざめく眠りを分たざりき我らは  は

る 涙淵の一語見出しざわざわと夢幻の崖つ淵に立つわたくし し

か からころもポリエステルに塗れつつ秋風を取り逃がす手底 こ

な なだらかに現の線がブレてゆくゆめの白波よせかへすころ ろ

る 瑠璃鳥の影ぞよぎれるわがそらの空木は幹に時を満たすも も

 

残念ながらこの画面ではうまく表示できないのだが、各首末尾の、下から読んで「もろこしはゆめのほか」の部分は、歌集ではまっすく一文字に並んでいる。いずれにせよ、この仕上がりは熟達の職人仕事だ。制約があればあるほど、技が冴える。行頭と行末音の制約、一行の文字数を揃える制約、「夢の波」を語るという内容の制約。すべてをクリアした後の、文字面の美しさ。

 

冒頭に掲げた一首は、「あきかせに」の「に」の位置にある。〈ニュートリノ/奔る気ままさ/もて晩夏/全身をつら/ぬいて去れる喩〉と、5・7・5・7・7音に切って、一首三十一音。四句から五句にかけて「貫」が「つら/ぬ」と跨るため、便宜的に平仮名表記にした。歌意は、思いきりくだいていえば「あのキザったらしい比喩、思いついたけど使わないでよかったなあ」ということだろうか。紫式部の娘である大弐三位の歌から出発して「ニュートリノ」へ飛ぶところが楽しい。正調塚本節というべき句跨りも、ぴたりと決まる。

 

こうしたアクロスティック作品を、歌集のために作者は十一組つくりあげた。技量と遊び心が二拍子揃わなければ、出来ないことだ。塚本邦雄の詩精神を継ごうという、つよい意志を感じる。楠見の師は、いきいきした遊び心の持ち主だった。読み手が思わず「キュート!」と叫びたくなる作品を作った。

 

椿事    塚本邦雄『水葬物語』

 

ダンドリヨン・リヨン ・ たんぽぽと獅子

ポワソン・コリマソン ・ おさかなと蝸牛

ファソン・ギャルソン ・ えんりよ・少年

アルム・ヴアキヤルム ・ 武器・大さわぎ

 

片仮名表記のフランス語と、日本語は、意味の上で対応する。そして、それぞれ五七五七七で読めるのだ。ダンドリオン・リヨン・ポワソン……。たんぽぽと獅子おさかなと蝸牛……。「だから何?」という人には、お引き取りいただこう。
遊び心はうつくしきかな。