Archive for the '今日の一首鑑賞' category

マンションはガーゼ巻かれて建ちをれば風にかすかな窓明りあり

五島諭/歩道橋の上で西日を受けながら 自分yeah 自分yeah 自分yeah 自分yeah

正確に刻んだ結果十ミリの女人立像ジャコメッティの

本多真弓/寝室にひもの一本垂れてあり昭和の紐をひいて眠らな

一般に犬はワンワン叫ぶから普通名詞でワンちゃんと呼ぶ

坂井修一/うちいでて鶺鴒あをし草深野一万人の博士散歩す

そこに直れ、歌にするから歌になりさうなポーズを今すぐに取れ

黒木三千代/〈草深野〉この露けくてあえかなることばを忍ぶる恋のあしたに

ほんたうにアホだしいいやつだと思ふ「寄り寝」一語に大喜びで

沢田英史
ふり返るわが草深野をちこちのしげは残念に似て

#マストドン その末席に君を恋う声ぞこだまのhttps://youtu.be/gsNaR6FRuO0(ピポピーピョロロ)

中皇命
たまきはる宇智の大野に馬並めて朝踏ますらむその草深野

ネクタイをかたく絞めれば目や口が鼻を目指して集う気のする

睦月都/歩むこと知らずひた立つ橋脚が彼岸に渡すわれの自転車

生活に仕事がやがて混ざりゆく鉄芯入りの靴で外へと

睦月都
人界にたちこむる異臭嗅ぎわけつ台湾料理「瑞鳳」へ往く

労働は、寒い。つかのま有線の安室をなぞるくちびるを見た

椛沢知世
水着から砂がこぼれる昨年の砂がこぼれて手首をつたう

文献のコピーを取れば海溝のようにインクの黒くあるノド

工藤吉生
腹をもむ いきなり宇宙空間に放り出されて死ぬ気がすんの

さみしいひとかげがゆめのしんになりぎんがをだいてかたむいてくる

工藤吉生
公園の禁止事項の九つにすべて納得して歩き出す

ラブホテルの角を曲がってT井くんにここのカレーを食べさせたかった

工藤吉生
ボケというひどい名前の植物の背丈がオレとそう変わらない

やむをえず私は春の質問としてみずうみへ素足をひたす

村上和子
あたまより鴉飛び立つ反動をわれの頸部は長く記憶す

「皇族食品」といふ会社あり台湾にお菓子の餅をつくり売る会社

桜井京子
おおミモザ、きのふの雪に耐へかねて街のはづれに身をもちくづす

無言になり原爆資料館を出できたる生徒を夏の光に放つ

中野昭子
魂のぬけしししむら焼き代は千円紙幣の三枚にて足る

月別アーカイブ


著者別アーカイブ