Archive for the '今日の一首鑑賞' category

誤って世界から離脱しないようわずかな尿意を残して眠る

うしろより『わ』とおどせしに、/先方の、おどろかざりし、/ ごとき寂しさ。

救命の練習用の人形に雑にあけられている耳穴

薄日さすしろい小皿に今朝もまたUSBを置く静かに

そういえばもう長いこと空(青いやつです)色の空を見ていない

古屋根に雨ふる駅の小暗さがのどもと深く入りくるなり

逝きかけの蟬を励ますこの夏にとくに未練はないはずなのに

すっくりと秋冥菊が咲きだして姉なき今年の秋がはじまる

獏たちが来たときに差し出す夜を祈りと思い出に分けておく

除草用ヤギを貸出す広告に立ち止まりたり「食べつくします」

初雪が降ったみたいに顔を上げおそらく震度3のファミレス

バスを待つ女生徒たちのその太き脚は、秋たけて葡萄踏む脚

一九八四年九月六日蒲田女子高裏窓の少女たち

たんぽぽがたんぽるぽるになったよう姓が変わったあとの世界は

きみの持つ釣りざお見ながらゆく港 寒い そうだね噓みたいだね ね

くしゃっ、って笑うあなたがまぶしくてアップルパイのケースさみどり

中学生のカップルねむるシアターが映し出すマイケル・J・フォックス

飼い主にしたがう犬が家々のこぼれ灯拾い夕暮れを行く

でもそれでいいんだとてもみぞれ降る二月のことを聞かせてほしい

鷺のかげ湖岸の砂に淡かりき少し離れて二羽又一羽

年末の十億円が当たったら/当たらなくてもバイトは辞める

安曇野と筑摩野分けて夜の明けを白く遙けく梓川見ゆ

バス停はもう水浸し来ないなら来なくてもいいから待っている

陸奥みちのくをふたわけざまにそびえたまふ蔵王の山の雲の中に立つ

薄暗い頃に目覚めてジャスミンの香りに喉をしめらせてゆく

しろじろとペンキ塗られし朝をゆきこの清潔さ不安なばかり

うまく言えたためしがないなそのままのあなたにもわたしにも吹く風

口ふれし水の感じをたもてれどさかりきていまとほき粗沢あらさは

底辺を高さと掛けて二で割ったことを私は必ず許さない

山中に木ありて木には枝ありて枝に一羽を止まらせている

1 / 9012345...102030...最後 »

月別アーカイブ


著者別アーカイブ