2019年01月のアーカイブ

無言になり原爆資料館を出できたる生徒を夏の光に放つ

中野昭子/魂のぬけしししむら焼き代は千円紙幣の三枚にて足る

ペンライトの光の海に飛び込んで私は波の一つのしぶき

北沢郁子/円柱状茎の節(ふし)ごとに花咲けるデンドロビュームに春は来にけり

現在(いま)の世に百グラム四円で買へるものH形鋼、異形棒鋼

北沢郁子
茱萸ぐみに似る木の名調べむと言ひしまま人は逝きたり未だ知りえず

きみを葬るしろき広場に寒風(かんぷう)吹きさらわれてゆく雪の上の雪

橋本喜典
チチチチと鳴いてゐるのかこの小鳥握らばきつと温かならむ

わが愛するものに語らん樫の木に日が当り視よ、/冬すでに過ぐ

橋本喜典
風の中に花ふるへをり同情にとどまるのみが常なるわれか

翔ばむといふ夢ならず歩まむ願ひもて歩きゐる夢くりかへし見る

小池光
雪に傘、あはれむやみにあかるくて生きて負ふ苦をわれはうたがふ 

わが佇つは時のきりぎし今生の桜ぞふぶく身をみそぐまで

山中智恵子
行きて負ふかなしみぞここ鳥髪とりかみに雪降るさらば明日も降りなむ

コマーシャルのあひだに遠く遅れたるこのランナーの長きこの先

スサノオノミコト
八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を

月別アーカイブ


著者別アーカイブ