平岡直子のアーカイブ

園芸用ポールは肋のごとく立ちそこより出でず茘枝(ゴーヤ)の繁る

うれしいの わたしもうれしいゆふやけが夏の水面をまたたかせると

屋外は現在、屋内は未来、中庭は過去、につながりて夜の秋

耳よりも大きいキティのストラップ揺れて少女は突然泣いた

ふだん喋る機会のない人からペンを借りおめでとうと書いて返した

みぞれ みぞれ みずから鳥を吐く夜にひとときの祭りがおとずれる

うつしみに鎮痛剤がはなひらく再放送のような部屋にて

男の子はチョコレートパフェを食べてゐる 地に下ろされた鯉のしづけさ

鏡には光がうつり美容師の話のなかでだけ会う女の子

さかむけをちぎり取れない たくさんの水をかければ動かぬ歩道

藍よりも愛はつめたし 夜の窓を右舷となしてきらめくピアノ

二階より眺むる街にひとびとの身に運びゆく季語の多かり

夜にチョコあげよう石田三成もあげよう

三叉路でいつも迷っているゆえに木になってしまった紅さるすべり

父母がゆらゆらなづむ夕つ方サイボーグのやうにあたしは速い

時計より出(い)で来て踊る人形の目線は遠き夏木立かも

泣いたあと君の右腕枕にして線路のようにずっと恋人

花束を買ふよろこびに引きかえて渡す紙幣はわづかに二枚

純白のヨーグルトムースのうへにのるペパーミントの栄光と孤独と

イソジンの一滴がうむ夕闇の喉にいつかの迷子のわたし

水銀の鈍きひかりに夏がゆきしまわれてゆく女のかかと

夢でみた場所が出てきてこの先は崖と書かれていて引き返す

七月の日照(ひでり)の庭にちひさなるとかげ光りて見えかくりする

喫茶より夏を見やれば木の札は「準備中」とふ面をむけをり

女子とかにほらって見せればモテるから小さな崖が体にほしい

飛沫(しぶき)上げ光の中にはしゃぎたるわれのやさしき歌返してよ

マネキンの首から上を棒につけ田んぼに挿している老母たち

蝿はどの教室も好きじゃないけれど階段を下りられないのだろう

存分に愉しみしゆゑ割れるのを待たずに捨てる緑のグラス

いれものが似ているだけでなぜだろうわかりあえるとおもってしまう

月別アーカイブ


著者別アーカイブ